今週の音楽「GT-01」はいかが?
ASMRについて
 僕は、昔から「音」が好きでした。音フェチです(笑)
タイピングの音 本をめくる音 包みを開ける音 鉛筆の音 衣擦れの音 黒板とチョークの音 ネジを回す音 キャベツを刻む音 リンゴの皮を剥く音 ジェリービーンズの音 小麦粉を練る音 沸騰するお湯の音 紅茶を淹れる音 湯船の音 耳元の囁き声 食事の音 足音


 自己分析すると、人の発する音が好きみたいですね。

木々のざわめき 雨の音 風の音 川のせせらぎ 薪のはじける音


 といった自然の音も好きですけど。とにかく、僕の音フェチ歴はかなり古いのです(笑) それが高じて、自らバイノーラル録音をやってます。

 さて、ASMRのお話し。YouTubeの音質が改善されて以来(昔は22.05kHzでした)ずっと同サイトで「音巡り」しているのですが、数年前にあることに気付いたのです。それは、「検索結果の多くのタイトルに「ASMR」という単語が混ざっている」ということ。
 ASMR? どういう意味だろう? ググってみるも、国内の情報は皆無。海外サイトで正式名称であるらしき「Autonomous Sensory Meridian Response」という記載を見つけましたが……自律知覚の子午線レスポンス? わけがわからん(笑) まあ、とにかく「現在のYouTubeでは(あるいは他の動画サイトでも?)、ASMRで検索すると心地の良い音がたくさんヒットする」ということなのです。

 例えばこれ。10分ほど本のページをめくっているだけの動画。マニアックですねえ。でも音フェチの僕にとっては「ナイス!」としか言いようがない動画(笑)

 と言うわけで、お気に入りのチャンネルをいくつか挙げてみます。

  • Sound Sculptures
    まずは、なんといってもここです。いろんな音があり、音質も良いです。

  • GentleWhispering
    ウィスパー系ではこの人。音質が良く、しかもバイノーラルです。

  • VeniVidiVulpes
    ウィスパー系でもう1人。この人もバイノーラル。


 他にも山ほどアップされているので、興味がある方はASMRで検索してみてください。ただ、残念ながら音質の良いコンテンツはほんの一握りです。ほとんどはモノラルでノイジー。
 音のコンテンツなのだから、最低でもステレオであってほしいところ。そして小さな音、静かな音を録るわけだから、SN比にも気を使いマイクや録音機材を選んでほしい。そしてそして最終的には、バイノーラルが主流になったらみんな幸せ。

 ただ個人的には、映像は不要。大ざっぱに書くと、「目に写るものから音を切り離すことが音の愉しみ方」だからです(あくまでも個人的に)
 似たような考えの人も多いのか、YouTubeには黒味の動画がけっこう目につきます。もしくは、イメージ画像のみの動画とか。まあ、この辺のこだわりについては、気が向いたら書いてみたいと思います(笑)

 最近では、少しずつですが国内でもASMRが認知されてきています。ニコ動とか徘徊していると「予震」は確認できますから、国内版コンテンツが充実する日もそう遠くはないかも? がんばれニッポン!(笑)

10/14/2012 19:04 sub soundscape

comments & TB (0)

name

trackback URL