今週の音楽「Parkcourt」はいかが?
logicool Flow
 長年愛用していたlogicoolのM510(左)を、Triathlon(右)に買い換えました。「1つのマウスで3台のPCを使用できる」 この点に魅力を感じTriathlonをポチったのですが、重量感やフィット感はM510の方が好みかな。僕は手が大きい方なので、マウスは大きく重い方が好きなのです。まあ、慣れの問題だと思いますが。
 最初はMX Master 2Sをポチろうとしました。アイロンみたいでカッコイイじゃないですか(笑) が、サムホイールが邪魔そうだったので却下。

 メイン機のMac Proと、webサーバー兼ファイルサーバー兼メディアサーバーであるMac miniを、1つのマウスで行き来できるようになった点については大満足!
 Mac miniではMagic Mouseを使っていたのですが、電池の減りが速いわ、たまに接続が途切れるわ、不満タラタラだったのです。そもそも、いちいちマウスを持ち替えるのが面倒臭い(苦笑)

 Optionsをインストールするとボタンやポインタの速度をカスタマイズできるので、これまで愛用していたSteer Mouseとはさようなら。
 さすがに純正ということもあり、マウスとドライバの相性は良いですね。Optionsの方が、マウスの動きが精巧な印象です。
 例えばフォトショなどで範囲選択する際、1000ピクセルにしたいのに999ピクセルか1001ピクセルしか選択できない。そんなことが多々あるのですが、ドライバをOptionsに替えたら改善されました。まだ数日しか使用していないので断言はできませんが……。

 さて、Flow機能。マウスを切り替えられるだけでも便利なのに神すぎる! 左はMac mini、右はMac Pro。
 切り替わりは、さすがにシームレスとは行かず0.2秒ほどの遅延が生じます。でもボタンで切り替えると1〜2秒要するので僅かな遅延など贅沢ってものでしょう。

 しかも、ファイル共有までできてしまうという。コピペで楽チン! なんなんだこの技術(笑)


 ただし、不満点もあります。カスタマイズしたはずのボタンが、しばしば効かなくなるのです。
 その場合は、マウスの電源を入れ直すか、Flowで一旦別のマシンにポインタを移動させ再び戻せば正常に機能するようになります。
 が! ドライバの不具合だと思うので、早いとこ改善してほしいです。

1/27/2018 14:38 note etc.

comments & TB (0)

name

trackback URL