今週の音楽「mermaid on the seesaw」はいかが?
Magic Keyboard(テンキー付き)の悲劇
 先日発売された、テンキー付きのMagic Keyboardが届きました。

 見た目の上では、Apple Keyboard(いわゆるアルミキーボード)とさほど変わらず。

 がしかし! 唯一、残念な点が!
 それはcaps lockの位置。Apple Keyboardは右下でしたが、今回のMagic Keyboardは左下なのです! ここだと、ショトカ操作に非常に邪魔なのです!
 一応、長押ししないと有効にならないよう配慮されていますが、キーコンビネーションは往々にして長押しですから、間違えてcaps lockを押してしまうと100%有効になってしまうのです。なんでこんなところに! 邪魔すぎる!

 ちなみに、昔Macに付属していた透明のボディに白いキートップのキーボード。アルミキーボードに慣れきった身としては、突き指しそうなほどキータッチが硬いキーボード。打つとバコバコと派手な音のするキーボード。透明ボディ故に、ゴミの溜まり具合が一目瞭然なキーボード。あの子も、caps lockが左下でしたっけ。


 しかし本当の悲劇はここからだった。


 caps lockの位置にがっかりしつつ接続。はい、すんなりペアリング完了。遅延についても、特に不満なし。というわけで、キーボードについては絶好調。
 ところが、ワイヤレスマウスが絶不調! 動きがカックカク! 3分くらい経つと、ほぼカーソルが動かなくなってしまうという。電波が干渉してるんですかね?

 マウスは、LogicoolのM510。大きく、重量もあり、自分の手にフィットするところがお気に入り。SteerMouseでカスタマイズして使ってます。


  • マウスの電源オンオフ
  • Macの再起動
  • キーボードとマウスの接続の順番を変更
  • USB端子の変更
  • OSを10.12.4から10.12.5へアプデ
  • SteerMouseを4から5へアプデ

  •  などなど、いろいろ試してみたけど効果なし。

     もしや、我がMacPro2012のBluetoothのヴァージョンが条件を満たしていないとか? でも、それならそうと記載があるはずだしなあ……。もうお手上げ。もう疲れた。
     というわけで、残念だけど封印決定。気が向いたら、また試行錯誤してみようと思います。

     Apple Keyboardって、販売が終了しちゃったんですよねえ。今後はMagic Keyboardが主力になるのか……。こんなことなら、Apple Keyboardを買い占めておくんだった(苦笑)

    6/9/2017 11:56 note Mac

    comments & TB (0)

    name

    trackback URL