今週の音楽「mermaid on the seesaw」はいかが?
続・Pro Toolsが起動しない
 以前、Pro Toolsが起動しなくなってしまったことがありましたが、またもや……です。本当に勘弁してくれ……。

 YosemiteからSearraにアプデした関係で、iLokが認識されていない??
 と思いきや、iLok License Managerで確認するとちゃんと認識されている。他に登録してあるソフトやプラグインなどもちゃんと使える。

 Activateをクリックすると、ilok.comへのログインを促される。

 すると「ライセンスがないよ」みたいな結果になり、そこから先へ進めないという。

 どうも原因は、ver12.6から変更になったライセンス方法らしい。が、以下の対処方法を試しても効果なし。
http://avid.force.com/pkb/articles/ja/troubleshooting/Cannot-update-to-Pro-Tools-12-6-License

* Pro Tools 12.6用のライセンスは弊社IT部門により、順次対象iLok IDへデポジットさせていただいております。まだiLok IDにデポジットされていないお客様はもう少々お待ち下さい。(2016/9/30)
 まだデポジットされてないのかな? でも9月から対応を開始してるんだから、さすがに「まだ」ってことはないよね。手作業じゃないんだろうし(笑)




 サポートに問い合わせたところ、本国に確認依頼を出してくれました。その間の間に合わせとして、1ヶ月限定のライセンスを受け取る。

 2日後、本国より正式ライセンスが付与され一件落着。結局、12.6用のライセンスって貰えてなかったのね。3ヶ月も経ってるのに? どんだけお役所仕事なんだよ。
 前回のトラブルもそうだけど、今回もサブスクリプション絡み。やれやれ、Pro Toolsには悪い印象ばかりが蓄積されていく……。

 ちなみに、こちらはiLokの中身。赤い部分が、積もり積もったPro Toolsのライセンス(苦笑) しかも、有効なライセンスが複数存在するという謎。
 なお、現在のプロダクト名は「Pro Tools」ではなく「Eleven」らしい。この辺も混乱の元ですね。

12/16/2016 10:08 note Pro Tools

comments & TB (0)

name

trackback URL