Waves IR1 Convolution Reverb
 LogicからPro Toolsに移行するにあたって、一番の痛手はコンボリューションリバーブであるSpace Designerを失うこと
 さあ、どうしたものか? いろいろ調べた結果、Wavesびいきの僕はIR1 Convolution Reverbを購入。

 本当はAltiverbが欲しいんですけどね。LogicにSpace Designerが搭載される遙か前から欲しいプラグインなのです。
 驚異的なIRのプリセット数。そして管理しやすいブラウザ画面。いつか必ず入手したい! それまでの間は、このIR1を使い倒そうと思います。

 余談ですが、IR1を購入したのは本家のMedia Integrationさんなのですが、ダウンロード製品のくせにお届けに2〜3営業日要するという……
 実際、4/18の土曜に注文して、ダウンロードの案内が届いたのは4/21の火曜日。かっちり2営業日。今の時代、これってどうなんだろうか?w

 閑話休題。IR1に標準で入っているプリセットは、どれも実用的……というかベーシック。Space DesignerやAltiverbに比べると、あまりのプリセットの少なさにびっくり。
 が、驚くなかれ。追加プリセットを別途ダウンロード&インストールできるんですね(無償)。容量はzipで5.2GB。数にして130くらいかな?
 というわけで、追加プリセットのインストール方法を確認すべく、3日ぶりにMedia Integrationさんを訪ねると……

 っっ!? 値下げされてるではありませんか!! 買った直後に値下げって! この3日で何が起こった!? しかも半額以下! IR-Lよりも安いじゃないですか! くぁwせdrftgyふじこlp

……まあ……しょうが……ないか…………
よくあ……ること……さ…………
運が……悪かっ……たのさ…………
ふふふ……あは……は……はぁ…………

 さて気を取り直して、同梱されているpdfを開いてみる。IRをサンプリングした場所が、写真つきで紹介されていました。こういうの、旅行記みたいでいいですねw

 まずはホール系。大中小揃ってます。

 上はRome Santa Cecilia Auditorium、下はIngram Hall。
 後者は、ナッシュビルのヴァンダービルト大学の中にあるホールのようです。

 国内では、鹿児島の霧島ホール

 国内繋がりだと神戸は東灘区民センター内のうはらホール(たぶん)と、同じく神戸の上田能楽堂

 オペラハウスは、イタリアのTeatro Valliなど。

 教会もいくつか収録されてます。画像は、Stanford Memorial Church。スタンフォード大学内の教会だとか。

 劇場は、Manchester Palace Theatreなど。

 クラブやカフェも数点。画像はBirdland。
 このクラブについて調べてみると「マンハッタンにあった往年の名ジャズクラブ。1965年に閉店。」と出ました。いつどうやってサンプリングしたのでしょうかwww

 スタジアム規模の施設も数点。画像は、Gaylord Entertainment Center。

 野外では、円形競技場のTaormina Greek Theater(ギリシャ劇場)など。

 Luzit Cave。これも一応屋外?w

 「その他」のカテゴリーには、エレベーターホールと吹き抜けの階段。

 そして車の中やバスルーム。

 そしてそしてリビングルームとキッチン。
 僕はドライな音場を好むので、リバーブは部屋鳴り的に使うことが多いです。Space Designerにもリビングルームやキッチンのプリセットがあったので、かなりお世話になりました。
 なので、IR1にも同等のプリセットが存在して一安心。もっとも効果はまだ未確認ですが、恐らく多用するであろうプリセットです。

 ふいい、これでリバーブの問題は解決。欲を言えば通常のリバーブ用にTrueVerbあたりが欲しかったんですけど、とりあえずは標準搭載のものを使って様子見です。

4/27/2015 00:01 note tools Pro Tools

comments & TB (0)

name

trackback URL