今週の音楽「middle steps」はいかが?
その後のTime Capsule
 あれからTime Capsuleは、問題なく働いてくれてます。
 「HDDの音がうるさい」という評価をちらほら見かけ不安だったのですが、稼働しているかもわからないほど静かです。熱も温かい程度。新機種のタワー型は、いろいろと改善が施されているのかもしれませんね。




 セッティングも、あっさりと終了。いろいろと苦戦されている方の記事を見ていたので拍子抜けでした。

 iPhoneやiPadの方でも接続完了。

 ちなみにTime Machineでの初回バックアップは、無線で10時間ほどかかりました(笑)

 Time Capsule内には、ディスクイメージで記録されるんですね。セキュリティの都合でしょうか? ディスクイメージだと入出力が遅いのではないか? まあ、初回バックアップ以降は、いつの間にか終わってる感じなのでまったく問題なしですが。

 というわけで無事開通しバックアップも完了したところで、セキュリティや共有について考える。
 Wi-Fiはお客さんに解放するとしても、ディスクの解放には抵抗あり。なのでWi-Fiとは別に、ディスクに対してパスワードを設定。
 ただ、欲を言えば、Data内のSharedフォルダだけ共有したい。そもそも、名称からしてそのためのフォルダですよね。
 試しにアカウントを作ってみるも、それだと「個々の専用領域」が割り当てられるだけだし……。どうすりゃいいの? まあ、わざわざ共有しなくても、AirDropでやり取りすればいいか(笑)


 ところでウチは、YahooBB経由でNTTの光回線を引いてます。

 Time Capsuleを導入すると、Buffaloと交代でこんな構成になるのかなと。

 そこで前々からの疑問。BBユニットって、何のために必要なんだろう? ルーターなのはわかるけど、それなら今回導入したTime Capsuleで事足りる。それとも、YahooとNTTの橋渡し的な大役を担っているのか?
 で、調べてみたら、何のことはない。このユニット、BBフォンと無線LANを制御するための機器らしい。僕のユニットは無線機能のないタイプなので、BBフォンを利用していない僕にとって単なるルーターだったわけです(笑)

 というわけでユニットは返却することにし、このようなシンプルな構成に落ち着きました。余計な機器を外すことにより、回線速度のアップにも期待。そして、見事期待に応えてくれました。

◆ Time Capsule導入前
・4G(3.9G)

・光BBユニット(有線)

・光BBユニット(無線)
 我が目を疑う結果。ウチのWi-Fiって、4G回線よりも遅かったのか!


◆ Time Capsule導入後
・有線
 おお、速度アップ! あのくっっっっそ重いWordPressの管理画面がパッと表示される!

・無線
 こちらも満足な数値。これなら5GHzに固定せず、デュアルバンドのままでいいかな。

・無線(5GHz)
 と思いつつも物は試し(笑) て、以前の有線に迫るスピード! カルチャーショック!

 というわけで大満足。Time Capsuleよ、これからよろしくね!

 余談ですが、どこでもMy Macを利用して、出先からTime Caplsuleへのアクセスを試みてみました。


 結果は惨敗。出先のルーターとの相性が悪かったのか? スクショは撮り忘れましたが、「スリープを解除できないよ!」といったエラーメッセージも出ましたっけ。

 いずれにしても、イマイチ気に入らない。接続にスマートさが欠けるのです。出先のMacがMy Macならいいのですが、問題は人様のMacを拝借する場合ですよ。自分のiCloudアカウントでログインしなければならないわけですよね。
 当然ながら、作業を終えたらログアウト、貸した方は再びログインしなければならない。これでは使う方はもちろん、貸す方もめんどくさいですよ。というわけで、いったん「どこでもMy Mac」のことは忘れることにします。

3/21/2014 00:08 note Mac

comments & TB (0)

name

trackback URL